【臨月は要注意!】マタニティヨガを自分でやる時に気を付けたい禁止ポーズとは?

臨月に近づくと、お腹も大きくなり動きも制限されてしまいます。
身体が重くて、歩くのも一苦労。
買い物でさえも、行って帰ってくるのがツラいですよね。。

しかし、お医者さんには
よく動いて生まれてくる準備をしなさいと、運動を促されます。
この時期は、安全でしかも充分な運動量が必要となる時期です。
しかも、分娩時の呼吸法もそろそろ練習したほうがいいし、
心がざわつく期間でもあります。

外に出るのが億劫になり、家で出来る運動に頼りがちですが、
こんな時こそしっかりとしたインストラクターの指導のもと行ってほしいです。

ヨガをする上で危険なポーズや
逆子の赤ちゃんの場合ら禁止した方がいいポーズなどもあるので、
ヨガ経験の少ない人ほど、気をつけて教わりながら行ってください。

マタニティヨガのインストラクターは、
出産予定やその人に合ったメニューで指導してくれるから、
安心してヨガができます。

また、レッスン前に血圧、胎児心音の測定などの
健康診断をしてくれる助産師のインストラクターも増えています。
特に、助産師さんがいるスタジオや病院勤務経験者がレッスンしてくれる…
などのキャッチコピーをしたクラスもあります。
とても親切ですよね~。

海外では、こんなに慎重に検査をしません。
妊婦は病人じゃないと、はっきり認識している方ばかりですから。
そこまで繊細に徹底しなくとも、ヨガは激しい運動でもないので。

むしろ、健康になるものだから、しっかり動くべきだ!と皆さん考えています。
それに比べて、サービスクオリティが高い日本だからなのか、
心配性な日本人だからなのか。。
こんなに危険なことに怯える国もないでしょう。

これを読んで、ヨガをすることにためらう方が1人でも減ればいいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする